夫・妻の不貞、浮気調査

夫の不貞、浮気調査はここ

夫(彼)の不貞・浮気調査

夫(彼)の不審な行動に悩まされ、浮気を疑っている間の精神的苦痛を一日も早く解決する方法とは、先ずは真実を知り、自分が置かれている状況を把握することが大事です。

悩んでいるだけでは、問題解決は出来ません。現実を確りと受け止めてから、今後、自分はどのような行動を取ればいいのか?家族や弁護士などに相談しながら問題の解決策を考える方もいらっしゃいます。

浮気調査の目的は人それぞれですが、浮気の証拠を掴んで離婚を考える方や浮気相手と別れさせたいと思われる方もいます。慰謝料の問題もありますし、子供の親権問題や養育費の問題もあります。

浮気の証拠を基に夫婦で話し合いが出来ることが一番いいことだと思います。

妻の不貞、浮気調査はこちら

妻の不貞・浮気調査

浮気は男性だけのものではありません。近年はインターネットの普及により、専業主婦でも簡単に出会いを求めて浮気に走るケースが非常に多くなっています。

女性が夫や彼以外の男性に走ると、男性の浮気と違って元の家庭に収まるケースは少なく、家を出てしまうケースが多いです。

また、夫の浮気と違って浮気が発覚しないことも多く、昼間に浮気相手の男性と密会し何食わぬ顔で帰宅して、夫が帰ってくるまでに、浮気の余韻を消し去ることが出来ます。その分、夫の浮気より妻の浮気は分かりずらい事があります。

浮気をしている女性が妊娠すると、夫の子供か浮気相手の子供かが自分でも分からなくなりますが、それでも出産する人が殆どです。

妊娠中又は出産後にDNA鑑定の問い合わせも結構多いです。

携帯電話で浮気が発覚する。

携帯電話で浮気が分かる

携帯電話から浮気の有無が発覚することが多く見られ、浮気相手との連絡方法はメールやLINEを使うことが多い。

携帯電話で浮気相手に連絡する。

自宅で携帯電話を持ち歩く

帰宅した夫は携帯電話を肌身離さず持ち歩き、お風呂屋トイレまで持っていき、必ず電話にロックを掛けている。

浮気の証拠隠滅するには携帯電話のデータ消去

携帯電話の履歴を消去している

浮気相手との関係が発覚しない様に電話・メールの履歴やLINEの履歴を消去している事が多く、帰宅すると電源を切っている。

不倫・浮気調査に必要な情報とチェックリスト

【夫や妻の携帯電話・スマートホン】
浮気に欠かせない携帯電話・スマートホンは、浮気夫や浮気妻が見られたくない物のNO1であることは間違いありません。 不貞・不倫・浮気の証拠収集に必要な状況証拠
その中には、浮気の証拠になるような物がギッシリ詰まっています。
浮気相手とのメールのやり取りや通信履歴、LINE、Facebook、浮気相手の写真等、携帯電話は、浮気を決定づける浮気証拠の宝の山です。
しかし、浮気をしている夫や妻は、必ず携帯電話、スマートホンにロックを掛けており見られない様に最善の注意を払っています。
【財布・鞄】
夫や妻の財布・鞄の中にも浮気を臭わせる証拠の品が入っている事も沢山あります。
不倫、浮気相手と入ったお店(レストラン・居酒屋)のレシートや領収書等。
飲食店でのレーシーとに人数と注文の品が明記されている
深夜のタクシー利用の領収書
ホテル(ラブホテル)の会員カード(ポイントカード)
浮気相手から貰ったプレゼント
クレジットカードの利用明細書の控え
見覚えのない鍵(浮気相手のマンションや自宅の合鍵)
夫や妻がお風呂に入っている時か完全に熟睡しているときにこっそり確認してください。
【その他】
車やパソコンの履歴にも浮気の証拠が隠されています。
車については、助手席の位置や背もたれの位置が微妙に変わっていたり、髪の毛の付着や灰皿に夫や妻以外のタバコの吸い殻が捨てられていたりします。専用の車の場合は、飲み物の飲み残しやダッシュボードに浮気相手専用の携帯電話を隠していたりします。
カーナビの走行履歴でも浮気相手の住所などが判明することがあります。

最近は、浮気相手との連絡方法としてパソコンを使うことが少なくなりましたが、浮気相手と行く旅行手配書や航空券の明細などがパソコンのメールに届いていることがあります。

浮気の証拠としては様々な物がありますが、これは浮気の状況証拠としかなりません。これらを基に夫や妻に詰め寄っても裁判では勝てないことが多く、状況証拠と別に決定的な証拠が必要になります。

浮気調査は大阪の探偵興信所にお任せください。

裁判に勝てる浮気の証拠とは・・・

不倫・浮気が原因で慰謝料請求や離婚裁判に勝てる証拠とは、どの様なものなのでしょうか!

夫や妻が浮気相手とラブホテルなどへ出入りする姿が確認できる写真やビデオ
夫や妻が浮気相手の家やマンションに出入りする姿が確認できる写真やビデオ
夫や妻が浮気相手と肉体関係、不貞行為があったと思われる写真やビデオ
浮気相手との継続的な交際関係がわかる写真やビデオ
浮気相手との事実関係を認めた誓約書など

浮気の状況証拠だけを基に話し合いや、慰謝料裁判を起こしても相手が認めなければ非常に不利な状況になります。先ずは、確たる浮気の現場を押さえて確実な証拠を取るべきです。


浮気調査の料金はこちら

今すぐ浮気調査に付いて問い合わせする

PAGE TOP ▲